カーテンを部屋のデザインに活かそう!シェードタイプの使い方

新しい窓のデザイン~シェードのカーテンは小窓使用がポイント~

カーテンを部屋のデザインに活かそう!シェードタイプの使い方

窓

シェードタイプのカーテンは見た目がすっきり

通常のカーテンとは異なり、上に開けるタイプのカーテンのことをシェードカーテンといいます。たゆみがないためスッキリとした見た目の空間を作ることができます。また、たゆみがないので窓辺に小物を置く際にも邪魔になることがありません。小さな窓にも向いているカーテンです。
あと、通常のカーテンと組み合わせて使用する方もいます。組み合わせることでさらに変わった新しい窓辺のスタイルを取り入れることができるのです。

高さ調整が可能

シェードタイプのカーテンは、上に開くタイプなので高さの調整も可能です。そのため、外からの視線を遮りながら光を取り入れることができます。また、シェードカーテンを少し開けて、その部分から風を取り入れることもできます。

布の絵柄を活かそう

真っ直ぐなシェードカーテンは、布の絵柄をそのまま活かすことができます。上までしっかりと上げて開けるのではなく、半分ほど締めることでデザインを活かしながらオシャレな窓まわりをつくることもできるのでおすすめです。

シェードカーテンは小窓におすすめ

ベランダへの出入りで使用するような窓にはシェードカーテンはあまりおすすめできません。なぜなら、閉めたままだと出入りが大変だからです。そのため、出入りの必要がない小窓などに取り付けるとよいでしょう。このようなデザイン性の高いカーテンは、生活空間に合わせて取り入れることが大切です。

広告募集中