シェードカーテンの使い方や機能についてはこちら

窓

カーテンを部屋のデザインに活かそう!シェードタイプの使い方

ブラインドのような機能を持ったシェードカーテンですが、シェードタイプのカーテンを選ぶことで部屋の雰囲気にはどのような影響が出るのでしょうか。シェードカーテンの使い方を調べて部屋のコーディネートに活かしてみましょう。

READ MORE
内観

おしゃれで機能性抜群のシェードのカーテンで快適な部屋づくり

シェードカーテンを選ぶ際も、その機能を重視することで快適な部屋を作ることができます。どのような機能を重視して選んだらいいのか、カーテンの機能性に注目してみてはいかがでしょうか。

READ MORE

シェードカーテンを使用する際の注意点

火気厳禁

自宅の部屋にシェードカーテンを取り付けると、雰囲気が変わっていいですよね。しかし、正しい使用方法を守らないといけません。シェードカーテンは、通常のカーテンと同じく布製のものが多いため、コンロ近くの小窓での使用は避けるようにしましょう。また、ガスコンロなどを使用する機会がある場合も、カーテンの近くでは使用しないように心がけることが大切です。

強風に注意

雨や風が強い日には、しっかりと窓を閉めてからシェードカーテンを使用するようにしましょう。シェードタイプのカーテンは強風にさらされると壊れてしまう可能性が高いです。壊れてしまうと開け閉めが困難になり使い物にならなくなってしまいます。そうならないためにも、雨風に注意して窓の開閉を行うようにしましょう。

子供が遊ばないように

シェードカーテンにはカーテンを開ける際に必要なコードがついているため、子供がコードを引っ張ったりぶら下がったりして遊んでしまうとすぐに壊れてしまいます。また、子供にコードが巻きついてしまうと怪我の原因になる恐れもあるので注意が必要です。

シェードカーテンに関する疑問にお答え!

レースとカーテンを2つ使用することもできる?

おしゃれな空間を作るために同系色のシェードカーテンを2つ合わせて使っている方もいます。手前のカーテンは濃いブルーにし、奥のレースカーテンは薄い水色にすることで統一感を出すこともできます。

部屋を広く見せるには?

少し狭いと感じる部屋でも、シェードカーテンを取り付けることで広く見せることができます。シェードタイプのカーテンなら、閉めた状態でも開けた状態でもスッキリ見えるからです。明るめカラーを選んでも、広い印象の部屋を演出することができるでしょう。

普通のカーテンだけじゃない!窓をデザインするシェードのカーテン

女の人

シェードカーテンを購入する際は

シェードカーテンを購入する場合、まずは使用したい窓のサイズを測ることが大切です。窓のサイズにぴったりと合ったシェードカーテンを選ぶことができます。窓の外枠に取り付けることができるタイプのものもあるので大体のサイズでも機能的に問題はありませんが、窓枠に合ったサイズを選ぶことでより部屋をスッキリと見せることができるでしょう。

カーテンの開けっ放しに注意

シェードカーテンは締めることで真っ直ぐな見た目を保つことができます。開けっ放しにしているとその跡が付いてしまうため、閉めたときに真っ直ぐな見た目が失われてしまいます。シワが付いてしまわないよう、定期的にカーテンを下げて閉めることが大切です。

広告募集中